パンダ保育園

トピックス

パンダ保育園の特徴

企業主導型保育事業について

<企業主導型保育事業>


政府が待機児童問題解決のため働きやすい環境づくりを支援するために、2016年度に新しくできた制度です。企業主導型保育事業は従来の事業所内保育施設の拡大版で、地域の企業と地域住民の子供が利用できる保育施設です。

<保育施設の利用について>


■企業枠
厚生年金に加入している企業に勤務している方
※個人が加入しているかは問わないため、パートでも可能。

◆地域枠
厚生年金に未加入の企業に勤務している方、自営業の方など。

<入園の際ご用意頂く書類>


■企業枠
企業枠利用に関する契約書
※企業記入(書式は園で用意します。)
就業証明書または、保育認定書

◆地域枠
就業証明書または、保育認定書
※就業証明書は両親分必要です。

その他、保護者の方に記入して頂く書類は入園前面談時にお渡しします。

<保育料>


登録料:22,000円
*入園登録料は個別化した、布団・シーツ・食事エプロン・お口拭き・戸外活動用帽子購入と、ネットワークカメラの登録料として徴収させて頂きます。

0歳児 43,780円【給食、おやつ含】
1・2歳児 39,490円【給食、おやつ含】
*18:15以降お預かりのお子様は夕捕食代330円頂きます。
*19:15以降お預かりのお子様は夕捕食代・夕食代880円頂きます。
*上記の料金は2020年度の保育料です。保育料は年度ごとに改定する場合があります。

ご挨拶

保育目標

保育方針

小規模ならではの家庭的雰囲気の中で、お子様一人ひとりの特性と主体性を尊重し、様々なあそびや体験を通して保育園生活での達成感と充実感が味わえるようにきめ細やかな保育をします。
お子様の成長をご家庭と一緒に見守ってまいります。
安心し、快適に生活できる環境の中で、人への信頼を育みます。
挨拶や食事作法等の基本的な生活習慣が身につくように、保育士が毎日の生活の一部として子どもたちに促し、自発的に行えた時には共に喜びます。

パンダ保育園の取り組み

木育へのこだわり
木育とは、子どもをはじめとするすべての人々が『木とふれあい、木に学び、木と生きる』取り組みであり、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。
パンダ保育園では、椅子・机・玩具等に木の素材を多く取り入れ、生活の中で木と触れ合木の良さを感じてもらえるように心がけています。
また、木への興味を深める内容の絵本の導入や、戸外活動では木や草花で季節を感じながらそこで育まれる生きものとの関わり合いをもつようなお散歩をしていきます。

施設概要

園の広さ…43.53㎡
入園対象…満6か月~2歳児クラスまで
定員…11名
職員数…園長1名 主任保育士1名 管理栄養士1名 調理員1名 事務員1名 嘱託医1名 嘱託歯科医1名
保育士3名(内1名非常勤)非常勤保育補助(子育て支援員)2名
保育時間… 開園時間 7:15~20:15
*18:15以降お預かりのお子様は夕捕食代330円頂きます。
*19:15以降お預かりのお子様は夕捕食代・夕食代880円頂きます。

アクセス

住所 東京都墨田区押上3-29-1 安藤ビル1F

電話 03-5630-2260(受付時間9時~18時)
MAIL oshiage@jcast.jp